RC2016

競技名:「Clean Energy Recharging the World」

概要:自走出来ないエコロボット(ER)にプロペラを持たせ、所定のコースをハイブリッドロボット(HR)から力を与え走らせる。コースの終わりでプロペラをERからHRに渡し、HRがポールを登って取り付ける。

チーム名:「翠嵐」

大会結果:国内ベスト4

 

軽量なロボットで最速15秒を達成する。

練習動画


ハイブリッドロボット「Rapide」

rapide

Rapideには、速いという意味がある。

ポールを素早く登るため、徹底した軽量化を行った。

金沢工業大学で初めての手動機の全自動化を行った。

エコロボットの位置をXtionを用いて計測し、最適な向きと強さの風を送る。

このロボットのために、全ての基板を再設計した。


エコロボット「きゆき(オプティマス)」

%e3%81%8d%e3%82%86%e3%81%8d

きゆきと書いてオプティマスと読む。

軽量であるため少しの風でも加速することが出来る。

ステアリングにはアッカーマン機構を用い、大会ではスポーツカーのようと評された。

ロータリーエンコーダ・ジャイロセンサ・CdSセンサ・坂に反応するスイッチ・カラーカメラを用いて自己位置を推定し、設計されたルートを走行する。特にHill3のカーブでは大きな弧を描く。

回路は画像処理を行うRaspberryPi2Bと、その上に乗る形のエコロボット専用に設計された基板1枚のみである。