2020年度新入生へ

 

新入生の皆様ご入学おめでとうございます!

夢考房ロボットプロジェクトのTeam_Roboconです。

まだまだ新入生募集中!!( 2020/7/24現在 )

見学できます!連絡ください。

ここでは、新入生を対象として活動紹介と体験案内をします。

 

まず、NHK学生ロボコン2019の金沢工業大学の紹介動画をご覧ください。

NHK学生ロボコン2019 本番機体MR1 GIF(この表示が見えているってことはGIFのデータが重過ぎて表示されなかったってことです。ごめんなさい。)
NHK学生ロボコン2019MR1 (投擲ロボット)
NHK学生ロボコン2019 本番機体MR2
GIF(この表示が見えているってことはGIFのデータが重過ぎて表示されなかったってことです。ごめんなさい。)
NHK学生ロボコン2019 MR2 (4足歩行自動ロボット)

活動紹介

Team_Roboconの活動目的は「NHK学生ロボコン」という日本全国の大学が参加するロボットコンテストに出場するロボットを自らの手で作り上げています。

NHK学生ロボコンは毎年ルールが一新されます。したがって、そのルールに最適な戦略やロボットはどのようなものなのかを1からチームで考え、形にしていきます。このような過程で、大学の講義だけでは決して学べない、技術、経験、チームワーク、リーダーシップなどかけがえのないスキルを積み、大きく成長することが出来ます。

また、私たちの目標は高く、「NHK学生ロボコン」で優勝することで出場権を手に入れることが出来るロボコンの世界大会「ABUロボコン」での優勝です。

私たちTeam_Roboconは、ABUロボコンに過去何度も出場しており、技術資料は10年以上前から積み上げられています。これは、日本最高レベルです。

ABUロボコンでの優勝を目指して日々楽しく、ときに寝食を忘れるほど熱中し活動をしています!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2019大会直前.jpg
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2019大会中その2-scaled.jpg

 

求める人物像

専門的な知識は特に必要ありません!

学科も問いません。

毎年、初心者の人もたくさん入部します。

 

下に記したような人は一度、体験に参加することを強くお勧めします。

とにかく、ものづくりが大好きな人

・大学でしかできないことで、大学生活を充実させたい人

・自ら考え、提案し、行動できる人を目指す人

・チームワークを大切にした行動ができる人

・何事にもチャレンジし続ける意欲ある人

・目標を達成するために粘り強く頑張れる人

そして何よりロボコンが大好きな人

・大学生活を楽しく充実させたい人

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2019年度新入生歓迎会-1.jpg
2019年度新入生歓迎会

みなさんをお待ちしています!!

 

基本情報

メンバー:2回生(6人), 3回生(7人), 4回生(13人) 計26人

      メンバー紹介はこちら

活動場所:夢考房41号館3階 試走場

活動時間:平日 17:05~20:45

     土曜 9:00~16:45(延長取得時20:45)

     長期休業(夏期・冬期・春期) 9:00~16:45(延長取得時20:45)

     祝日は全て休み

   以上の時間は全て通常活動の場合です。
   6/28日現在、新型コロナの影響で、限定された時間内で
   夢考房にて活動しています。
   見学も受け付けていますが、事前に連絡をください。

その他 :オナーズ対応プロジェクト
     (スカラーシップ生4名在籍しています。2020/7/17現在)

 

募集概要

募集職種:●制御回路班  ●機構班

詳しくはこちらをご覧ください→各班紹介PDF

(制御回路班は本年9月頃に制御班と回路班にわかれますが、それまでは同一の講習を受けていただきます)

 

 

みなさん、お待たせしました!

ここから体験紹介です!!

体験について

〜概要〜

体験は新入生教育講習を兼ねて行います。そのため、体験を始める前に機構班か制御回路班かの希望を出していただきます。(数日間、両方体験することもできます)

2020年は新型コロナウイルスの影響で6月末まで夢考房は閉鎖されていました。そのため、用意していた講習をオンラインに対応させました。体験希望者はLINEグループに招待します。グループにて講習資料を渡し、基本は各自で進めていただきます。

 

〜オンラインとは?質問会?〜

しかし、講習資料を受け取るだけで理解して進んでもらうことは非常に難しいです。期待を膨らませて体験を希望してくれるからには、設計やプログラミングの楽しさを少しでも知っていただける内容にしたいと思っています。

そこで、Zoomを用いて、質問会を用意しました。全て任意参加です!

平日・土曜日19:30~21:30(日曜日以外毎日開催)

 

〜体験参加の手順〜

以下の図をご覧ください。体験を希望する場合、LINEのTeam_Robocon体験グループに招待します。そこで機構/制御回路の希望を確認したのち、それぞれのグループに招待し、そこで資料配布や質問受付を行います。両方体験することも可能です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 体験の流れ-1.jpeg

 

 

〜必要なもの〜

  • WindowsPC 

 

〜申込方法〜

以下の3つの方法ならどれでも対応できます。

●公式Twitter(DM)  ●公式LINE   ●公式G-Mail

公式Twitterと公式LINEはこのページの左下のリンクから登録できます。

G-Mailアドレスはyumerobopro@gmail.comです。

 

 

〜各班の講習内容〜

制御回路班:C言語を用いたプログラミング

機構班:3DCADソフトInventorを用いたロボットの設計

 

<C言語を用いたプログラミング>

配布する講習資料

  • C言語課題
  • C言語課題応用
  • プログラミング環境構築手順

 

講習を終えてできるようになること

  • C言語の基礎が身に着く
  • ロボットを動かすためのプログラミング能力の基礎が身に着く

 

<3DCADソフトInventorを用いたロボットの設計>

配布する講習資料

  • Inventor2020の導入手順
  • Inventor講習1(Inventorの構造理解,設計の基本操作)
  • Inventor講習2(Team_Robocon独自のロボットの組み方,既製品の紹介)
  • アクチュエータ・伝達講習

 

講習を終えてできるようになること

  • 3DCADを直感的に使えるようになる。
  • ロボットの基本の組み方がわかる。

 

 

〜その他〜

講習形式:講習によって異なる

  • 個別で進め、適宜質問会にて疑問を解決させる講習
  • スライドショーを用いた講義形式の講習

体験募集:7月末まで 延長の可能性あり(2020/7/17現在)

 

 

説明会の告知

下記の勧誘イベントが開催予定なので気軽に足を運んでみて下さい。


オンライン説明会 [Team_Robocon主催]
日時:4月25日(土) 20:00~
形式:YoutubeのLIVE機能を用いたオンライン形式
URL:https://www.youtube.com/watch?v=yNIlXcxPEh4&feature=youtu.be
その他:チャット機能にて質問可能

終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました!!
→オンライン説明会と同様の内容の動画もあり、今からも視聴可能です!
 https://www.youtube.com/watch?v=srEI_KGuNq0



夢考房プロジェクト説明会 [大学主催] →中止になりました。
日時:未定
場所:41号館(夢考房)2階
形式:パワーポイントを用いた発表形式


プロジェクト合同説明会 [大学主催]
(その後活動場所見学ツアー付き)
日時:6/26~7/11まで(詳細はクリック)
場所:23号館1階パフォーミングスタジオ →Zoomです
形式:ポスターを用いた発表形式 →オンラインになりました。

終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました!!


2020/7/17現在夢考房は一部開館しています。
興味のある方はGmail/Twitter/公式LINEの
いづれかの方法で見学のアポを取ることができます。
お待ちしています。

 

 

 一度きりの大学生活です!

  充実したものにさせましょう!!

体験講習のサンプル資料

クリックすると表示します。

制御回路班 講習サンプル資料(PDF)
機構班 講習サンプル資料(PDF)

 

 

↓こちらも併せてお読みください↓

2020年度入学生へ(Team_Roboconの年間行事予定/夢考房の場所)


改善のご協力

Team_Roboconにより興味を持つことができましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください